マンスリーマンションのサービス内容を確認し、優雅な生活を送ろう

サイトマップ

マンション

マンスリーマンションにメリットがあるケース

マンスリーマンションという言葉も世間に随分と浸透してきましたが、実際にどんな人にとってメリットのある物件なのでしょうか。
普通、アパートやマンションの賃貸契約は2年契約となっており、中には途中で解約すると違約金が発生するケースもあります。
また違約金が発生しない場合でも、解約の1ヶ月から2ヶ月前にその旨を伝える必要があるのです。
その点、マンスリーマンションとは短期契約型の賃貸物件のため契約期間を1ヶ月や2ヶ月と自分で決める事が出来ます。
そのため、短期の単身赴任であったり、仕事の都合上短いサイクルで異動がある、家の建て替えなどで短期間だけ住みたいといった場合に有効です。
こういった短期の生活場所としてマンスリーマンションがお勧めなのには、他にも理由があります。
それは、多くのマンスリーマンションでは敷金礼金が発生しないということ。
そして家具や家電が最初から備え付けられているということです。
通常の賃貸に引っ越す際には、敷金礼金で数万から数十万円を用意しなければいけません。
家具や家電を購入したり運ぶ為にも、別途資金が必要となります。
しかし、マンスリーマンションならこうした余計な資金を省く事が出来るのです。
これは大きなメリットといって良いでしょう。
ホテルに長期滞在するよりも安く、そして通常の生活が営めるといった点でも上記のケースでマンスリーマンションはメリットがあると言えます。

見所一覧

»一覧へ